2016年10月28日(金)から2016年10月30日(日)まで、
石井七歩個展「ブロークン・トーキョー」の開催が決定いたしました。

 

個展「ブロークン・トーキョー」特設サイトはこちら

 


 

nakagin

石井七歩《The 922th Avenue Nakagin capsule tower edition》2016年/インクジェットプリント、インクペン/297×420mm

 

約2万5000年前、シベリアの狩人たちは、マンモス類の骨や象牙を柱にしてテント型の住居を創造しました。それまで自然の地形を利用して洞窟暮らしをしていた人類は、平地への生息地の拡大とともに建築という行為をはじめたのです。人類は肉体的に弱い。だからこそ「家に住む」という行為は必要不可欠で、それは現代の人類にとっても変わらない、人類にとって永遠につづく行為です。

1960年にオリンピックを控えた高度経済成長期、人口の急激な増加に燃えていた、かつてのトーキョー。世界に肩を並べる未来都市「トーキョー」を創ろうという熱い盛りあがりの中、新陳代謝する建築「メタボリズム運動」という概念が生まれました。中銀カプセルタワービルは、その概念を実現しためずらしい建築です。

時は流れ2016年。かつての高度経済成長期時代に建てられた建築が壊され、いよいよトーキョーが生まれ変わる時期が訪れています。本展開催地となる銀座の街も、ソニービルの解体が決定するなど、次々にスクラップ&ビルドが行われています。あの頃とは異なり、高度成長どころか人口減少の一途を辿る2010年代〜2020年代に、大都市トーキョーはどう生まれ変わるべきなのか?

2016年秋、この不思議なカタチの中銀カプセルタワーを舞台に「これからのトーキョーの街がどうなるのか」を考える旅となる本展をお楽しみください。


the845th石井七歩《The 845th Avenue》2016年/インクジェットプリント、インクペン/297×420mm

the937th石井七歩《The 937th Avenue》2016年/インクジェットプリント、インクペン/297×420mm

 

個展「ブロークン・トーキョー」特設サイトはこちら

 


 

ブロークン・トーキョー展 : 再構築の街

会  期: 2016年10月28日(金)-2016年10月30日(日)
協  力: 中銀カプセルタワービル保存・再生プロジェクト
会  場: 中銀カプセルタワー

〒104-0061 東京都中央区銀座8丁目16-10

 

 

コメントを残す