東京上空

      とある夜   そのとき私はいつの間にかその小さな窓に集中しすぎていたので、 ボーイング777-300の70メートルもある機体の存在も、それに乗る500名もの騒がしい人々の存在も、すっかり全て意識の外側に棄てて…