欠如した想像力への警鐘は今日もきっと鳴っている – 映画『ザ・スクエア』を通して〈存在するが見えていないもの〉を考える

  今朝はテレビの音で目が覚めた。 ニュースキャスターの洗濯機みたいな声色が、夢の中にゆっくり混じって回転した。 暗いニュースが日の出と共に街に降りそそぐ–––––––。 何かの唄みたいな光景がカーテンに浮かん…