突如、ぼくに翼がもたらされた。

 

 

 

肩甲骨の部分に、あたかも生まれつき備わっていたかのような自然さで、ぼくはふたつの翼を感じた。

 

窮屈に折り畳まれていた双翼がパキパキと高い音を立てて、ぼくの背後に大きく広がる。

関節の鳴る振動が背骨を伝わって、身体中の小骨がやわらかく震える。

 

 

風のあおりを受け、ぼくはぼくの強靭な翼のかたちを認識した。

 

ぼくには、ぼくの背中に生える翼の全貌が見えない。

それでも、宙に散らばる白銀とも黄金ともつかない神妙な色の羽を見て、ぼくの神経には絶大な自信が駆け巡った。

その自信は、ぼくという個体の存在を根拠にした自信ではなく、 このセカイは強くうつくしく壮大で、 ぼくはセカイの一部分を背中に抱え、いまにもセカイと解け合いつつあるのだ、という、 セカイそのものとしての絶大な自信だった。 その自信はぼくに、生まれて初めての完全なる安堵を感じさせた。

 

 

ぼくは飛ぶ。

 

 

翼を動かすのに力は要らなかった。

ぼくは浮くように宙を舞い、冷え込んだ-1℃の空気を切り裂くために翼を尖らせた。

 

 

朝6時23分の東京の街はぼんやりと青白く光り、

ビルとビルの隙間から細く溢れ出した朝日を浴びて、ほんの少しの橙色を帯びていた。

 

 

こんなにも完全な安堵。

 

加速するぼくの視界には、空と天との境界が近付いてくる。

あの透明な濃紺色をした境界を越えることに、生まれた瞬間からずっと憧れてつづけていたような気がした。

 

 

 

こうしてぼくの無意味な肉体は、灰色のコンクリートに叩き付けられたのだった。