予想外の漂流

    読書というのは食人行為である。   つまりこういうことだ。 私は私自身が考案したわけではない見知らぬ誰かの言語をつかい、見知らぬ誰かの言語で考えている。 見知らぬホモ・サピエンスたち…